ホーム » 2018 » 2月

月別アーカイブ: 2月 2018

瑠璃色金魚と花菖蒲の歌詞考察

こんちゃす、まちゃろーです

まずはミリシタのシアターブーストお疲れ様でした

今回白石紬陣営に最初から自分は居ました、TBについて詳しくは他の人のブログとかツイートとか参照すればなんとなくわかるかと思います

個人的には自分が出したパロディ「名探偵ナンナン」がバズってやったぜな感じです

さて本題、紬の「瑠璃色金魚と花菖蒲」かっこいい曲なんですけど
歌詞すっっごい難しい

てなわけでなんか色々な流れもあり少し考察してみたいと思います

まず、たぶん前提知識としているのが
・瑠璃色の金魚は現時点でいない
・花菖蒲には毒がある
の2点だと思います
さて始めましょう
まず、赤字の部分が歌詞のみでの考察なのでそちらを最初に見てください
次に[紬考察]の部分を見てください、紬の背景を考慮した上での解釈です

この曲に関しては歌織さんのハミングバードも同じなのですがある程度キャラと重ねて歌詞を作っているものだと考えています

さて
瑠璃色金魚は恋い焦がれる
凛と咲き誇る花菖蒲

とりあえず金魚は花菖蒲の姿に憧れてると考えます
[紬考慮]凛としたアイドルに憧れるアイドルに憧れた紬、でしょう

吐き出す空気は泡の模様
決してあなたの心に
届かないの

金魚の言葉が花菖蒲に届かないのを指していると考えます
[紬考慮]憧れているだけじゃアイドルには何も届かない、そういう立場なのかな

はなびらひとひら 水面に落ちて震える指先

花菖蒲の花びらが一枚水に落ち、金魚が接触した
[紬考慮]要するに「きっかけ」を表しているのかな、紬だとプロデューサーとの出会いだよね

時間が止まるわ 目が覚めた余韻の余白

金魚のそれまで進もうとしていた道・時間軸から変えようという意思の表れ
[紬考慮]本来なら金沢で過ごし続けるのが紬の本来のルートだよね
でもプロデューサーとの出会いによりそのルートを進み続けるかどうか一度立ち止まる、それが「時間が止まる」かな

外の世界は ねえ なんて眩しい
嘘だとしても罪深過ぎたの
目眩がしても心地いいのは
もう求めているから

金魚は花菖蒲の虜になってる、目が眩みながらも花菖蒲のある外の世界を求めている
[紬考慮]芸能界とか東京とか、紬が本来触れることのなかった世界に心を奪われ始めてるんだと思う

瑠璃色金魚が見上げるのは
凛と佇んだ花菖蒲
私 あなたのようになれたら
もっと上手く微笑えますか

金魚の花菖蒲への憧れを表している、そして花菖蒲のようになれたらという安易な仮定
[紬考慮]アイドルかま画面の中とかだけの存在で、その裏を知らない無垢な状態を表している?

灯した明かりは燃えないまま
今も青く棚引いている

あと一つ足りない情熱と未練かな
[紬考慮]アイドルを選ばなかったルートの紬の踏み出す事が出来なかったこ事への未練?

曇った硝子を溶かすほどの
秘密 もしかして私 持ってますか

自分の持っていた気持ちに気づかずに過ごす金魚の余生
[紬考慮]アイドル選ばなかったルートの紬が気付けなかった自身の情熱

雨は空に落ち 愛すれば消えるものと思っていた
鏡の世界に 逆さまに映った好奇心

鏡を花菖蒲視点での水面と考える
[紬考慮]わからん

湧き上がる思いを掬い上げては
砂糖漬けにして また飲み込むの
あなたにいつか味見してほしいと
夢を見ながら

なんだろうね
[紬考慮]不安でも何事でもプラスに思って受け入れる
またその努力の結果をあなた(プロデューサーとか周りの人)に見て欲しいと思う

瑠璃色金魚が知らないのは
強く根を張った花菖蒲
目の前に見えるもの全てが
現実ってことはないの

花菖蒲の根は地中だから水中の金魚からは見えない。つまり影の努力に目を向けてないことを表している?
[紬考慮]憧れていただではわかり得なかった”アイドル”の影の努力、華々しいだけじゃないのを物語っている

あの時触れてくれた温もり
光 失くしては枯れていく
悲しみで泣く私の涙
また毒になってしまう 抜け出したい

花菖蒲視点ではあるけどあまりわからない、毒というのはやはり花菖蒲の毒かな
[紬考慮]
温もり、はPや仲間などの支え
それを光と捉え、支えが無くなると”枯れて行く”ことから不可欠なものとして捉える
ここでの毒は不安と置き換えることが可能??

<歌詞繰り返し部分略>

私きっと
勇気だよね
[紬考慮]勇気だよね

とりあえずこんな感じになりました
1番が主に金魚サイド、2番が花菖蒲サイドですよねたぶん
そして紬と重ねるとなるとアイドルへと一歩踏み出すところの歌と捉えた方がいいかな
「踏み出す前の紬と、踏み出さなかった世界線の紬と、踏み出した世界線の紬」これらの対比の歌なのかなと今のところの自分は考えてます

まだ語られてない紬のアイドル像や憧れ、夢など様々な描写を見た上でこの曲を聴くとまた違った感想が生まれてきそうで楽しみですね
ではではー