「生誕祭」の季語って?

まちゃろーです!

前回の 「生誕祭」と「誕生祭」 の続きみたいなものですね、話題が変わるので分割しました。

 

今回は「生誕祭」に季語はあるのかという話です。なんでこんな突拍子もないこと言うかというと前回の件について調べてたところ。「プレバト!!」という芸能人が芸術に挑戦して専門家が批評していくMBSの番組の俳句のコーナーで「生誕祭」で終わる俳句を作ったアイドルさんがいらっしゃったようです。

それに対し先生が「生誕祭の季語は冬」と説明したようなんです。

これだけ聞くとえっ?って思うじゃないですか生誕祭なんて365・366日毎日あるじゃん、と。もしかしたら「へー」ってなる方もいらっしゃるかもしれませんね、俳句の季語は旧暦→新暦への変動で季語と実際の季節が一致しなかったりするので。あと有名なところだと「ラグビーが冬の季語」とかいうのもありますよね。考えれば考えるほど混乱していく分野になります。

 

で、本題の生誕祭なのですが、どうやら俳句の先生はクリスマスを意味する「聖誕祭」と「生誕祭」を勘違いして解釈なさっていたようです。出演者の方も誕生日ではなくクリスマス、という感想の述べられていました。

そうなると話は別になります、「生誕祭」は現代では公的イベントでも使われる用語であり、特にキリストな要素は入ってなく単に人であれ動物であれ「生誕のお祝い事」という意味でしかありません。

なら本当の「生誕祭」の季語はなんだ!と思うでしょう、そこで調べてみました。

 

結論から言うと具体的に厳密に「生誕祭」が冬を含めどの季節の季語かというのは不明でした。確認できた歳時記には「聖誕祭」の表記のみです。

 

なのでしかるべき季節はどれか、というのを考えていきたいと思います。

いやいやそんな勝手に!と思うかもしれませんが実は季語というものは全国共通というわけではなく、全国多々ある俳句の団体が作成した「歳時記」にのっとって決められています。その為団体によって同じ言葉が季語であったりなかったり、季節が違ったりすることがあります。また、沖縄限定の季語など地域によって気候が違うので季語が異なるという考え方もあったりします。新暦移行後にできた記念日の季節などは未だ共通化されていないものありますね。

話を戻してつまり、誰かが春だと断定したらその人ルールだと春ですし夏だと言ったら夏でもあります。ここではまちゃろー式歳時記として考えていきたいと思います。

 

さて、「祭」これは一般的に夏の季語になりますが。その他の季節の祭りを表す際は「春祭」「秋祭」と区別するようです。ちなみに「冬祭」を季語とするのは春秋よりマイナーみたいです。

「生誕祭」の場合「生誕」の指す季節を季語としてとらえてよさそうです。

ここで、「聖母生誕祭」という季語を見つけました、字のとおり聖母マリアの生誕の祝い事で秋の季語になります。ということなら具体的な人の生誕祭ならその生誕月が季語になると一見思いますが実はそうでもなさそうです。

というのも、実は「誕生日」は季語にならないからなんです。365日人それぞれある誕生日といった個人的な記念日は季語にはならず、一方で聖母マリアの聖母生誕祭や天皇陛下の天皇誕生日、釈迦の花祭は季語になるそうです。天皇誕生日はその代々によって季語の指す季節が異なります。

個人的結論としては、推しの「生誕祭」は国民の祝日ではないので誕生日と同等に季語ではないという扱いをするのが妥当かなと思います。

先ほど述べたように季語をまとめた「歳時記」にはさまざまな種類があるので、内輪の俳句会向けに独自の季語を載せた歳時記があってもいいんじゃないかなと調べてるうちに思いました。

「明治R1の季語は冬」「ジラーチの季語は夏」みたいなのが載ってるの、ちょっと面白そうです。

 

それではまた、ではではー

 


「生誕祭」と「誕生祭」

おひさです、まちゃろーです!

突然ですが「生誕祭」という言葉、

キャラクターコンテンツのファンやアイドルファンだったらなじみ深い言葉ですよね。自分はTwitterで一年に一回「#工藤忍生誕祭」「#白石紬生誕祭」とかハッシュタグつけてつぶやいてたりします。

そんな 生誕祭 について数年前からこんな話をきくようになりました。

生誕は故人につかうもので存命中の人には誕生というべき

生誕って…。推しを勝手に殺すな

一見「えっ、そうだったの!?今度から気を付けよ」ってなりますよね…。

 

実はこれ結論から言いますと デマ なんです。

 

天邪鬼な人間なので疑ってかかって 生誕 と 誕生 なにが違うかいろんな辞書を引いてみたのですが、だいたい「生誕」の説明に「誕生。」とかいてあります。つまり基本は同義です。存命中の人物にも「生誕」で大丈夫なんですよ。

 

でも多少の違いはあるみたいで生誕が偉人とか著名人とかに使われがちで、誕生が「文明の誕生」のように物事に使われがちのようです。

あと一部記事で「生誕は動物には使われない」との記述があったのですがこれも誤りで特に決まっていないです。実例的な面でいうと秋田県大館市には「忠犬ハチ公生誕の地」と書かれた石碑がありますし、二足歩行レッサーパンダとして人気の「風太くん」も「風太生誕15周年記念期間限定スペシャルショップ」なるものも開かれていたみたいです。(ちなみに風太くんは2019年11月現在16歳でお元気だそうですね、人間換算で70代だとか、とっくに風太さんじゃん)

 

で、なぜ生誕が故人限定かのようなデマが広まっていってしまったのかといいますとおそらく前述したように偉人系で使われるというのが関係しているようです。

 

「偉人」といいますとまぁなんか坂本龍馬だとかゴッホだとかモーツァルトだとか色々思いつくじゃないですか。でも大体この世にいない、いわば「歴史上の人物」なんですよね。そのため偉人=偉い故人のように勘違いして解釈している人が多少いてそういう解釈の人が「生誕」についてもそうとらえたと考えられます。実際のところ存命中で偉人って現代パッとは浮かびませんものね、ノーベル賞受賞者とか紫綬勲章もらった人とかですかね。

でも「偉人」の意味合いは発展性も持っているようで、まず根本的になぜキャラコンテンツやアイドルでこの「生誕祭」が使われるようになったかという話に移ると、そのお祝いする対象人物を神聖視している文化が生まれたことに関係していると考えられるんですよね。

つまり 現代人から見た 偉人=推し になるわけです。

もともと「生誕祭」という文化あったんでしょうけど「神」「尊い」のような文化後押しして推しを祝うなら「誕生祭」より「生誕祭」っしょー とどこかでなったのでしょう。

 

神聖視といえば「聖誕祭」というのもまれに見ますよね。「聖誕」は辞書的な意味だと天子や聖人の誕生とか、そこから「キリストの誕生」も含みます。12月とかだと聖誕祭=クリスマスという使われ方もかなり見ますよね。

推しを神聖視して偉人通り越して神の領域に達したら「聖誕祭」を使うのも何ら不思議じゃないですよね。

 

ところで色々この件について調べているうちに見つけたのが「『生誕祭』は冬の季語である」というもの

えぇー?と思ってこちらも調べてみたのですが・・・。

 

この件については次の投稿に書こうと思います!

今回めっちゃかけた嬉しい(゚∀゚)

ではでは!

 


ツムギ姫のスキン作りました

↑に置いときました、今回も表現にそこそここだわりがあるのでぜひじっくり見てみてください

\やーやー!/


3DSでデレステARやるよう

?

 

 

 

 

DSの照度あげるとよいですよ


デレマス一部アイドルのイメージカラーについて

こんちゃす、まちゃろーです

「アイドルマスターシンデレラガールズ クリアステンドチャーム vol.2 Cute」というグッズにて工藤忍がラインナップに入りました

まぁそこは本題ではないのでやったー忍グッズだ―ぐらいの気持ちでまずいてください

見てほしいのはその忍チャームの周りの色

水色というか青というかまぁそんな色。

普通の缶バッジとかそういうグッズであれば色のバランス考えて勝手に色あてられてるんだろうなぁってなるのですでに判明しているアイドルで比較してみるとこんな感じです。

そう、完全にイメージカラー。

鷺沢文香のペンライトはまだこの世にない時点なので不明なのですが、この法則上でいくと青系統の濃いめの色だと推測できます。

vol.1に関しても確認してみたのですがその時点でのペンライトがあるアイドルすべての色と一致していました。(vol1のはグラス部分じゃなくてぷちデレラ側の背景色のほうが近そうです。)

それどころか、このvol1は2017年2月発売のグッズなのですがこの時点では発表されていない三船美優や森久保乃々のチャームもペンライトと同様の色合いになっているのです。よってこのチャームの制作サイドにアイドルのイメージカラーを設定してる人がいると私は勝手に考えています。

そうなるとvol.1、vol.2でペンライト登場アイドルのイメージカラーもほぼ確定するのではないか!?ということで以下にチャームの色から察した予想を記します。

尚、vol2はvol1同様にサンプル画像と実際の商品が全然違うって可能性もあるのでそこをご了承ください。(例えばvol1の輿水幸子はサンプルがピンクでしたが実際の商品は紫になってました。)

vol.1組

関裕美:ピンク~薄いピンク

楊菲菲:濃いピンク~ピンク

荒木比奈:緑~薄い緑

岡崎泰葉:紺~青

喜多日菜子:オレンジ~薄いオレンジ

喜多見柚:オレンジ~薄いオレンジ

ナターリア:赤寄りの濃いオレンジ~赤寄りのオレンジ

メアリー・コクラン:黄色

vol2組

今井加奈:黄緑

工藤忍:水色

兵藤レナ:赤~臙脂色

福山舞:薄いピンク色

遊佐こずえ:ミント色(薄い緑色)

南条光:青めの緑色~薄い緑色

村上巴:赤~赤めのオレンジ、朱色

財前時子:濃い赤色、ワイン色、臙脂色

的場梨沙:茶色~黄土色

藤原肇:灰色、灰色+青な色(legendersな色)

篠原礼:濃い紺色~紺色

高峯のあ:ミント色~エメラルドグリーン

八神マキノ:紺色~空色

となりますかね。今現在ですと総選挙でボイスがついた荒木比奈、喜多見柚、藤原肇、村上巴、関裕美のペンライトを待つのが検証する手っ取り早い手段になりそうです。

特に総選挙前の発売であるvol.1組の荒木先生、柚、裕美ちゃんの色が予想通り、特に特殊な色の荒木先生があっていた場合vol.1組が全員合っている可能性が高まるので楽しみです、ではではー


工藤忍の何に惹かれるか

こんちゃす、ツイッターで最近工藤忍工藤忍ばっか言って工藤忍Wikiまで立ち上げたまちゃろーです。

忍の一体何が魅力的かっていうのたぶんそこまで長々と書いた事ないので一旦考えてみたいなーって感じです。

忍の何が魅力的なのか、まぁ普通に考えたら「努力のアイドル」さんなので努力ってなるのでしょうけど当然ながら忍以外のアイドルもみんな努力した結果今のように輝いてるんですよね。

でまぁ努力以外で何かって話になりそうなのですが、本人が自称する以外でも我々Pは「忍といえば頑張り屋だよね」って認識で何でいるんだろうと思うんですよ。

それで行き着いたのが「努力してる姿が伝わりやすい」という点です。

上京直後のあの焦燥感漂う忍から落ち着いてきたり、方言矯正したとかいう話だったり、なんか伝わってくるんですよ。そういうのがまず忍を魅力的に思う点なのかなと。

またそこから転じて「忍ってPに心境とか境遇とかかなり色々伝えてるよね」と感じます。

寮じゃなく1人でアパート住みなの教えてそこにP招いたり親と何があったかわざわざ伝えたり、何かと心境とか境遇とかかなーりしのばずに伝えてるんですよね。

だから「忍は人間味がある」「なんかリアル」って声をたまに見かけるのですがそれって実は忍がかなりPに色々話してるからなのではと自分は考えています。

忍はよく「見せつける」とか口にしてモチベーションになってたりしますけどたぶんそんなの意識してなくても色々なものを自然と伝えられるし、それこそが忍の魅力なんだろうなと。

そして忍がそうやって伝えてくる思いに応えてあげたいと思うからこそ自分は忍の担当なんだなと思うのです。

 


ミリシタサービス開始

ミリシタ、つまりアイドルマスターミリオンライブシアターデイズがサービスを開始したのですよ

それが何しろやばいクオリティなんですよ

まずですね、アプリを入れて始めるじゃないですか

最初に高木社長が出てくるのですよ

高木順二朗社長が大塚芳忠さんのボイス付きで登場するのですがもうその時点でアイマス!って感じがしますね

そして新キャラの劇場事務員、青羽美咲ちゃんも登場する。

音無さんは社長の話の中でも触れられてるしデレステで言う所の一コマ劇場にあたるイラストなどで登場もしてるのでこれから3Dモデルとボイスもでてくれたらいいなと思ってます。

美咲ちゃんの登場シーンでまず驚くのがコンシューマーのアイマス同様コミュでぬるぬる動いてるところですね

デレステでサイゲームスがやれなかったことなのでここは流石ゲーム屋ナムコって感じです

またデレステのモデルは影がテクスチャに描き込まれてるものとなっていましたがミリシタの場合はちゃんと演算してつけてるので自然なアニメ調の影が付いてます、素晴らしいです

また、モデルのクオリティもヤバいとしか言いようがない、イラストが動いてるようにまで見えてしまうレベルで更にみんな可愛くクオリティが高い

劇場と呼ばれるワンフォーオールで言う所の事務所みたいなモードではアイドル達がランダムで登場するのですがOFA以降の1人で何かしてたり戯れてたりするアイドルたちの様子が見れて本当に良いです

アイドルが椅子に座ってることもあるのですが幼い桃子が座ると足が地面に届いてない、なんていう演出もされてたり細かいところにもこだわってるなと感じました

細部にこだわるといえばアイドルのウワサ的なものが見れたりもするのですが雪歩のUFOアイドル設定を彷彿させる文だったり、伊織の7ヶ国語話せることだったりこれまでの765のアイマスを知っている人なら一度耳にしたことがあるような設定が使われていたりでこちらも凄いこだわりを感じます

箱マス以降何も展開がなかったあずささんのペット、「とらたん」がイラスト付きで登場してたりもしてますね

今作では52のアイドル全員の出身地が明かされることになるのですが、真が静岡出身なのは驚きましたね

また貴音が「京都?」といった具合にぼかされてたのも良かったです

そして、雪歩が「東京都」となっているのを個人的に1番評価したいですね

雪歩はアーケード版のサイトで公開されたディレ1こと石原さんが登場したりするボイスドラマ音源にて東京都足立区と明言していたのでこの設定が活かされた形になります。

 

重要な機能でまだ語ってないのがライブシーンですが

コンシューマーと比べても遜色ないです、とにかくこのクオリティはヤバいです

キャラの動き、手の滑らかな動き、ステージ照明の質感、スポットライトの質感など全てがアイマスなのを感じさせる作風でした

OFAでプリレンダでしかやれなかった観客とサイリウムがどちらもできてるのも凄いです

コミュも時間制限ありのちゃんとバットコミュまであるコミュですし

本当に家庭用でやっていることをスマホでできるようにしたって感じです。やらなきゃ損とまで言えてしまうそれぐらいのいい作品です

ナムコさん、本当にありがとうございます


ミラクル交換Y

ふと思い立ってポケモンYのミラクル交換をやりまくってました

マッスグマ→(スペイン)ダグトリオ
ダグトリオ→(デンマーク)パウワウ
パウワウ→(フランス)ゴニョニョ
ゴニョニョ→(イギリス)ラルトス
ラルトス→(メキシコ)ゴニョニョ
ゴニョニョ→(アメリカ)テッポウオ
テッポウオ→(韓国)ゴニョニョ
ゴニョニョ→(アメリカ)ヤンチャム
ヤンチャム→(イギリス)ジグザグマ
ジグザグマ→(イタリア)ミルホッグ
ミルホッグ→(フランス)ルリリ
ルリリ→(イギリス)タマザラシ

やけにゴニョニョが多いです

ジグザグマ→(ドイツ)ケムッソ
ケムッソ→(アイルランド)ジグザグマ
ジグザグマ→(メキシコ)ジグザグマ
ジグザグマ→(アメリカ)ケムッソ
ケムッソ→(アメリカ)ダグトリオ
ダグトリオ→(アメリカ)コイキング
コイキング→(アメリカ)ノコッチ
ノコッチ→(アメリカ)ホエルコ
ホエルコ→(フランス)マッスグマ
マッスグマ→(ノルウェー)ケムッソ
ケムッソ→(スペイン)エネコ
エネコ→(日本)イルミーゼ
イルミーゼ→(日本)コイキング
コイキング→(アメリカ)ブニャット

ここになってやっと日本です、やってた時間深夜だったかもしれません

ジグザグマ→(アメリカ)イルミーゼ
イルミーゼ→(オーストラリア)キャモメ
キャモメ→(アメリカ)ケムッソ
ケムッソ→(スウェーデン)ポチエナ
ポチエナ→(日本)ツチニン
ツチニン→(日本)コイキング
コイキング→(ポルトガル)ゴニョニョ
ゴニョニョ→(イタリア)ヤナップ
ヤナップ→通信エラーゲーム終了

ヤナップ交換しようと思ったところで再起動しないとダメ系のエラーが出たので終了

いつかレアなやつ手に入れたい、ではでは


再始動

こんにちは、何度ブログ移転したかわからないまちゃろーです

おそらくここでようやく安定すると思います、再びよろしくお願いします